D.C.ツアー3日目!

7月20日

ワシントンD.C.ツアー最終日の午前は、多くの大統領や要人が眠るアーリントン国立墓地・米国の国防の要となっているペンタゴン(米国国防省)を訪れました。その後は世界経済の安定化を目的とする国際機関であるIMFを訪れ、ワシントンD.C.最後の訪問地であるウッドソン高校訪問へ。各訪問地で生徒たちは熱心に話を聞き、メモを取って学びを蓄積していました。

Change of Guards_2

IMF2

Woodson HighWoodson High2

ペンタゴンでは、まず最初に日米の安全保障についてのディスカッションを行った後、軍人さんが行ってくださる施設内ツアーに参加しました。参加者たちはそのスケールの大きさに圧倒されながらも意欲的にお話を聞き、たくさんの質問をしていました。

Pentagon Discussion

IMFでは1対少人数のグループで職員の方からお話をうかがう機会をいただきました。参加者たちは現在のお仕事についてや、世界経済の現状と課題、発展途上国支援についてなど多岐にわたって、積極的に職員の方に質問をぶつけていました。

IMF_3

IMF#

ワシントンD.C.ツアーの後は3泊4日のホームステイが始まります。ウッドソン高校を訪問した後、ホストファミリーとの対面式を行いました。

日本文化の紹介として、事前準備から練習してきたソーラン節を披露しました!生徒たちの迫力あるパフォーマンスに、ホストファミリーの皆さんもとても喜んでいました。

Soranbushi2

優しそうなホストファミリーの皆さんとすぐに打ち解けた参加者たち。再会時にどんな思い出話を聞かせてくれるのでしょうか。

HomestayHomestay